審査員

muni Art Award 2022 では新たに土方明司氏(川崎市岡本太郎美術館館長)を迎え、画家の池永康晟、諏訪敦とギャラリスト総勢7名による幅広い視点から次世代のアーティストを発掘します。

池永康晟_s_g_rgb.jpg

池永康晟

Ikenaga Yasunari

1965年大分県生まれ。大分芸術緑丘高等学校卒業。自身で染め上げた麻布に岩絵具で描く 美人画 が、独特な質感と芳香を放つ。文房具や本の装丁など海外からのオファーも多い。2014年に刊行された画集「君想ふ百夜の幸福」はロングセラーを続けている。版画やぬりえ、カレンダーの発売の他に 美人画 集の監修を行うなど活躍の場を広げている。

諏訪敦_s.jpg

諏訪敦

Suwa Atsushi

武蔵野美術大学大学院修士課程修了。美術家 / 画家。武蔵野美術大学教授。1994年、文化庁芸術家派遣在外研修員に推挙、2年間スペインに渡る。個展として、2000年『大野一雄・慶人』(日本橋三越本店)、2011年『一蓮托生』(成山画廊)、2011年『諏訪敦絵画作品展 ~どうせなにもみえない~』(諏訪市美術館)、2017年『諏訪 敦 2011年以降/未完 』 (三菱地所アルティアム) などを開催。このほか、2011年 NHK日曜美術館『記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~』にて単独特集、2013年 小谷忠典監督 短編映画『flow』、2016年 ETV特集『忘れられた人々の肖像~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く』などへ出演。最新の画集に『Blue』(青幻舎)がある。

土方明司_web

土方明司

Hijikata Meiji

川崎市岡本太郎美術館館長 1960年東京生まれ 学習院大学卒業。練馬区立美術館の立ち上げに従事。 平塚市美術館副館長を経て現職。専門日本近現代美術。

井浦歳和.jpg

井浦歳和

Iura Toshikazu

画商 ギャラリスト 美術商、ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜統括プロデューサー AaP/roidworksgallery 主宰、 美術商交換会いちいち会 会主  日本洋画商協同組合会員・日本現代版画商協同組合・理事新美術商交友会理事・日本現代美術商協同組合会員

小暮ともこ.jpg

小暮ともこ

Kogure Tomoko

東京都生まれ。米国に留学後増保美術(銀座/ 現在は神田)に入社、主に近代日本画を専門に扱う。2005年夫のGALLERY KOGURE(神保町)設立に伴い同ギャラリー社員となり、「優美魂物(Object beauty)」と「超絶技巧(Super technic)」を軸に新進気鋭の現代作家を国内外に紹介する。並行して2008年より増保美術で現代美術LOWER AKIHABARA.を運営。2019年には増保美術を西神田に移転し代表取締役に就任、現在に至る。

高島匡夫_s_g.jpg

高島匡夫

Takashima Masao

大学卒業後福岡の骨董商に入店、古美術品を幅広く扱う。その後上京し、1980年に東京・青山にて浮世絵の専門店ギャラリー紅屋を開店、歌川国芳のコレクションを中心国内・外随一の版画を紹介する。ロッカクアヤコとの出会いをきっかけに現代美術の面白さを知り、コンテンポラリーアートの新人作家も多数輩出。日本浮世絵商協同組合理事長、全国美術連合会組合員理事。

田中千秋_s_g_rgb.jpg

田中千秋

Tanaka Chiaki

1965年京都市生まれ。東京大学卒業後、映画制作、農業、IT業界を経て、2003年、父と共に東京銀座にて「秋華洞」を開業。日本美術、浮世絵、現代アート等を幅広く扱う。平安から現代に至る筆跡を含む美術品を紹介するほか、国内外のアートフェア・展覧会への参加多数。美術品買取事業も積極的に行い、古書画を次の世代につないでいる。現在は若いアーティストの発掘と育成にも力を注いでいる。

ゲスト審査員